キャッシング 申し込み

キャッシングの申し込みの流れ[審査の申し込み]

キャッシングをする会社を決めたら、いよいよ申し込みとなります。
申し込みをする方法はいくつかあります。

 

申し込みに必要な資料

 

本人確認用の運転免許証やパスポート、健康保健証 
借りる金額が50万円以上の場合には収入証明書類が必要になります。

 

源泉徴収票
確定申告
直近2ヶ月の給与証明書など

 

キャッシングをする会社によって必要資料は変わりますので
事前に確認しておくことが大切です。

 

申し込み方法

店頭にて直接申し込み

店頭窓口にて申し込みするのは係員の方がいるので事前に疑問点や借り入れの際の注意点を口頭で確認できる利点があります。
申し込みの際には必要資料も用意していく必要がありますので事前に確認しましょう。

 

逆に係員の前で必要情報を入力していくのが緊張してしまうといった理由で違う申し込み方法を取る人もいます。

 

無人契約機

近年では消費者金融の無人契約機が設置されており、人と対面しないで申し込みから審査までを契約ルームにて行える申し込み方法となります。
この無人契約機の申し込み方法が出来てから、その利便性や秘匿性が高いことからキャッシングをする人が増えました。

 

インターネットでの申し込み

そして最後がインターネットでの申し込みです。
この申し込み方法はインターネットの普及により利用者も増大したことから始まったサービスで多くの金融会社がWEB申し込み受付のサービスを開始しています。
インターネットでの申し込みは自宅で簡単に誰にも知られずに申し込みから審査まで行うことが出来るので最近では多くの人が利用しており、現在では一番利用しやすいといえる申し込み方法となっています。

 

ただ、その気軽さから申し込みを一度に行ってしまい、申し込み記録が一度に記録されてしまい、審査に通りづらくなってしまうケースが多くなってしまいました。

 

こういった短期間にいくつもの金融機関への申し込みを行ってしまう、いわゆる申し込みブラックの状態を避けるため、近年では事前に借入可能かを調べることが出来る、簡易審査サイトサービスが登場しています。

 

この簡易審査サイトで気になる金融機関への一括審査が事前に行えるので、申し込み記録が残ることなく、借り入れ可能な会社にのみ実際の申し込みが可能になりました。

 

簡易審査サイトでは利用者の条件から融資可能な会社を一括で確認できて、そのまま申し込みまで行えるのでインターネットでの申し込みをしようと思っている人はまずこちらのサービスで事前に調べておくのがおすすめです。

こうした申し込み方法を知っておくだけでも、急なお金の入り用の際にどこから借りたら良いかわからなくて困ることがなくなりますね。

 

 

| キャッシング申し込み

キャッシングをする時に借りようとしている会社の評判は気になります。
口コミで良い書き込みの内容はというと、やはり、銀行系の口コミは会社の規模や金利の安さが上げられます。
逆に悪い口コミは審査が消費者金融系より高く設定されていることがマイナスという意見もあります。
やはり銀行系は会社としてもクリーンなイメージがあって安心感は高いと言えます。

 

口コミの評判が良い消費者金融の選び方

キャッシングを検討する場合に正規雇用での仕事に就いている人は、まず銀行系カードローンに申し込みをすることを検討すると良いかもしれません。
では消費者金融系の口コミはというと、良い口コミとして、他社で借り入れがあるけど借りられたという意見も見られることから、比較的、他社借り入れの人にも融資してくれるというような、審査が低く設定されている印象です。

 

また、申し込みから審査、融資までが早いことも消費者金融系の良い部分と言えます。

 

ただ、会社によって審査のポイントが若干違うことから、知名度的に近い規模の会社でもココは借りられてアソコには断られたという意見があります。

 

こうした事から無理だと思っていた大手の会社で借りられた意見もあるので先入観で安易に借りるのはオススメ出来ませんね。

 

こうした様々な条件によって審査結果が変わりますので複数の会社に対して融資の可否を調べられるサービスも最近ではWEBによって知ることも出来ます。

口コミは本人の主観も強いので鵜呑みにしすぎるのは良くありませんので、自分の目で確認することも大切だと言えます。

 

 

| キャッシング申し込み

これからお金を借りようと思っている人の選択肢はキャッシングという形かカードローンという形の2種類があると思います。
ですが、この2つは同じようで少し違います。
2つの違いを理解して使い分けすることが借り入れの負担が変わってくると思います。

 

キャッシングとは

キャッシングとはお金をATM等から引き出し、カード使って、翌月に返済します。
また最近ではキャッシングでもリボルディング方式での返済を採用している会社がありますが、元は翌月一括払いでの方法でした。

 

カードローンとは

次にカードローンですが、こちらはローンという使い方を限定してある程度、大きな金額を借り入れ、期間を決めて分割やリボルディング方式で返済していく形ですが、この中で使い方を限定しない形でお金を借りる形で、キャッシングより金利が低く設定されていることが多いです。
銀行取扱いのカードローンに代表されるシステムでもあります。

 

この事から急なお金の入り用等で比較的少ない金額を借りたい場合には審査から融資までが早いキャッシングの方が便利であると言えます。

 

ですが金利はカードローンよりは高めに設定されていることが多いです。
逆に事業等のある程度大きな金額を借りたい場合、金利が気になる人はカードローンを選ぶと良いかもしれません。

ただ、事業用の銀行取扱いのカードローンは審査に条件が付いていますので借りたくても借りられない人もいます。

このように似ているようで違いがありますのでキャッシングとカードローンを比較して、それぞれの取扱い会社でも条件等も様々ですので、自分に合った借り方や会社を選ぶと良いでしょう。

  • 気になる会社を一括検索
  • 消費者金融の他にも安心の銀行ローンも掲載
  • 事前に借りられるかがわかるから無駄な申し込みが無くなります。
  • 匿名の仮審査だから金融企業からのセールスはありません。
  • 個人情報を強固なセキュリティでしっかりガード
  • あなたにぴったりの会社が見つかったらそのまま申し込み可能
  • サービス豊富で便利なのに無料で使えます。

キャッシング,カードローン,違い,審査,比較

| キャッシング申し込み

既に大手消費者金融からの借り入れをしている人で中小系の消費者金融からキャッシングを検討している人にとっては、その会社が安心して借りられるかは重要なポイントだと思います。
いわゆる中小系の会社はキャッシングエニー、キャッシングアロー、キャッシングダイシン、キャッシングエイワ、キャッシングフクホー、キャッシングフタバなど、上げればきりがないのですが、これら中小系の会社の特徴は大手に断られた人でも融資をしてくれる場合があるということです。
審査基準が低く設定されていることもあり、借りやすいイメージもあると思います。

 

こうした会社は大手より申し込みが少ない部分もあるのか、他社借り入れがある人に少額でも融資することもあります。
また、ブラック対応している所もあります。

 

ですので、もし大手に断られてしまって、借りる会社に困っていたら、選択肢に入れるのは良いかもしれませんが、やはり口コミや評判を調べると対応が悪いとの意見も少なからずあります。

 

既に他社からの借り入れを行っている人は貸してくれるだけでありがたいと感じる部分もありますが、借り入れの経験が少ない人にはオススメは出来ないと言えます。

 

これらの中小系の消費者金融は非常に多いですが、決めるとなると色々悩むと思います。

 

そんな時には消費者金融や銀行カードローンを掲載した比較サイトがありますので自分に合った条件の所を探すことも大切です。

 

 

| キャッシング申し込み

お金を借りたいと考える人は会社勤めの人ばかりではなく、会社を経営している人、自営業、個人事業主の人も居ますよね。
ですが、自営業の場合、サラリーマンと比べて審査に通りづらいと言われています。

 

それは経営者の方が、収入が多いと考えてしまいがちですが、定期的な収入と考えた時には雇用されている人の方が、審査は通りやすいです。

 

また、自営業の場合、収入が不安定な人も居ますので、やはり返済能力を不安視してのことだと言えます。
ですが、お金が必要なのはサラリーマンだけでは無いです。

 

自営業や個人事業主の人でもお金を借りる為に気を付けたいポイントはどれだけ、収入や自分の事業に対する資料を用意できるかと言う部分です。
この点でしっかりと誠意をみせることも大切です。

 

納税証明書やしっかりと決算書類や収入証明書が確認出来るものを用意しておくことで何もしないで審査に申し込むよりは借りられる確率は高くなります。

 

また、最近では自営業者、個人事業主向けの無担保カードローンを行っている消費者金融も増えてきました。
他にも自営業者、個人事業主の人は銀行のカードローンもオススメですね。

銀行のカードローンや消費者金融の無担保カードローンは総量規制の対象外として扱われますので、まずはこれらの申し込みを検討してみてはいかがでしょうか?

 

自営業者、個人事業主だからと不安に思って行動しないより、自分で準備出来るものをしっかりと用意して、堂々と申し込みを依頼することも大切です。

 

| キャッシング申し込み

仕事が変わったり、家族の事情で引越しをしなければいけなくなった時に費用はどうするべきか?普段から引越を考えて貯金出来ていれば良いですが、引越しには20万円から50万円くらいはかかってしまいます。
時々、敷金礼金不要の部屋もありますが、中々、見つけられないですよね。

 

また、計画的な引越しの場合はまだ準備する期間がありますが、急な引越しとなると初期費用の工面は大変だと思います。
そうなった場合にお金を借りたい時の選択肢として、キャッシングがあります。

 

引越しの場合の借り入れは生活に困っての借り入れと違いますので収入面で返済に問題が無ければ消費者金融でも借りることができます。
また、最近では銀行ローンで引越しなどの家に関する融資を行っている銀行もあります。
銀行のローンは貸金業法の総量規制の対象外になりますので、消費者金融より多くお金を借りることが出来る場合もあります。

 

また、忙しい中での引越し準備などで、お店や銀行に行く時間の無い人でも最近では多くの会社がWEB申し込みを受け付けていますのでこちらも上手く活用したいところです。

 

当日で審査結果が出るところも増えていますので面倒がらずに行動することも必要です。

引越しのような費用がかかる出来事がある場合は、自分の条件で借りられるか調べることで余計な申し込み、借り入れを抑える事にも繋がりますのでリサーチはしっかりしましょう。

 

 

| キャッシング申し込み

専業主婦の方や、母子家庭で女手一つで子育てをしている方には最近のキャッシングの貸金業法の総量規制によって消費者金融からお金を借りることが中々、難しい状況になってきました。
消費者金融では専業主婦のような収入がゼロの人の場合だと旦那さんに内緒で借りるというのも難しい部分もあります。

 

また片親で子供を育てながらの人も返済能力の不安から審査が通らない場合があります。
このような状況でお悩みの人は銀行取扱いのカードローンを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

 

銀行取扱いのカードローンがおすすめの理由

銀行取扱いのカードローンは総量規制の対象外ですので、収入に対する借り入れのバランスは消費者金融よりもハードルは低くなります。
専業主婦でも借りられたという人も多いです。

銀行のカードローンでは収入証明書が不要で借りられる場合もあります。

 

最近ではWEBでの申し込みも可能ですので、実際に店舗に行かなくても申し込みができます。
他社からの借り入れがない、または少ない人は銀行取扱いのカードローンはオススメだと言えます。

銀行というと敷居が高いイメージがありますが、最近では多くの銀行が個人向けのローンを取り扱っています。
また、限度額も消費者金融よりも高く設定される場合もありますので、専業主婦の方や、母子家庭の方は一度、試してみるとよいかもしれません。

 

安易に消費者金融にいくつも申し込みをするよりは借りられる可能性があるといえます。

最近の簡易審査サイトでも銀行カードローンは提携で登録されていますので実際に申し込みをするまえに一度、自分の条件で借り入れ可能な会社を検索してみるのも大切です。

 

 

| キャッシング申し込み

キャッシングをしたいと考えて消費者金融などに借り入れの申込みを検討する時に気を付けたいことがあります。
それは1社だけだと審査が通るかどうかわからないから断られた時のことを考えて、短期間にいくつかの会社に同時に申し込みをしてしまうことです。
これはキャッシングをする上ではオススメできません。
それはなぜでしょう?

 

申し込みブラックを防止するには

その理由は消費者金融にキャッシングの申込みをすると契約の可否にかかわらず、申し込みをしたということがあなたの信用情報機関に申し込みをしたということが記録されてしまうからです。

 

申し込みを受けた会社は審査の際に、この信用情報機関にアクセスして申込者の債務状況等を照会します。
この際に同時期に複数の会社への申し込みをしている状況から返済能力の不安視して融資を断られる状況になりやすいです。

 

この状態を申し込みブラックと言います。

 

通常、返済が遅れた場合や返済が出来ない状態などの返済に関する事故が起きた場合に信用情報機関のブラックリストに記録されるのはご存じの方は多いと思いますが、申し込みの記録も残ってしまうということを頭に入れて申し込みをする必要があります。

 

またこの申し込み記録は概ね1ヶ月〜ぐらい残りますのでお金が必要な時に結局、時間を要してしまうということになってしまいます。

 

ですので初めてのキャッシング、また他社からの借り入れがある人でも事前に自分の条件で借り入れ可能な会社をある程度、見極める必要があります。

 

最近ではこうした人のための匿名受付可能な簡易審査、仮申し込みサイトサービスもありますので、それらを利用して事前に自分の信用情報を守り申し込みブラックにならないようにすることも大切です。

 

 

| キャッシング申し込み

キャッシングを検討する場合に気になるのが、自分はどのぐらい借りられるのかという部分です。
キャッシングが可能な借入限度額は人それぞれであり、ローンを取り扱う会社によって違います。
ではどのような計算で借入限度額は算出されているのか?

 

現在では貸金業法の改正により消費者金融での借り入れでは収入に対する総量規制が設定されました。

 

この規制により、年収の三分の一を超える貸し付けが出来なくなったこともあり、以前よりキャッシングをする際の審査にも影響が強いと言えます。

ただし、住宅ローン等の銀行からの借り入れは規制対象外となり総量規制からは除外され、条件付きで認められる場合があります。

 

またクレジットカードのショッピング利用分も対象外となります。
このように現在の借入状況を把握することが借入限度額を知る上では重要です。

 

  • 借入限度額の算出方法は、目安として年収を3で割り、他社消費者金融、クレジットカードでのキャッシングからの借入額を引いた金額となります。

  • 配偶者の同意の上で配偶者の収入を合算した金額での借入も可能な場合もあります。
  • この場合は専業主婦の方に多いと言えます。

実際の借り入れの際には単純な計算での借入限度額ではなく、職業や借入状況等からも判断されますし、範囲内だとしても、審査で落とされてしまう場合がありますので事前に借り入れ可能な会社を調べるなどして自分がキャッシング出来る会社を知っておくことも大切です。

 

 

| キャッシング申し込み

最近ではキャッシングができるクレジットカードが昔より増えています。
銀行系のカードや消費者金融等の個人向けカードの他にクレジットカードにキャッシング機能を追加したカードがほとんどです。
一般的にショッピング機能とは別に急な入り用時に利用出来ることから多くの人が利用しています。

 

 

キャッシングが可能なカードの種類

身近にあるスーパーや百貨店、ガソリンスタンド等が発行するカードでも信販会社が提携されており、このようなキャッシング機能付きのカードを利用する人が多く、むしろ最近ではキャッシング機能が無いカードは少なくなっています。

 

ですが、複数のキャッシングができるクレジットカードを持っている人では知らない内に貸金業法上の総量規制対象となってしまうこともあり、新たにカードを作る際に収入証明書が必要になるなど、思わぬことになる可能性がありますので現在お持ちのカードの内容はしっかりと確認しておくことが大切です。

 

また、自分で返済内容を把握する為にも複数のカードをお持ちの場合にはキャッシングをするカード、ショッピング時に利用するカードと区別して不必要なキャッシング枠は解除することも大切です。

 

また、キャッシングができるクレジットカードでは新規借り入れと違い無利息期間もないことから必要な時に申込みするほうが支払総額が少ない場合が多いのでキャッシングを検討する場合にはカードローン専用の会社を選び、キャッシング専用として持つことも選択肢のひとつです。

 

キャッシング機能付きのクレジットカードは便利ですが、決してお得とは言い切れない部分がありますのでキャッシングする場合には他社の情報も確認して検討することが大切です。

 

 

page top