キャッシング 注意点

キャッシングでの注意点は?

最近ではキャッシングはテレビCMでも流れるようになるなど、身近な存在となってきました。
借りる時の審査の時間もどんどん短縮されていることから気軽に利用できる便利な存在でもあります。

 

ですが、言葉は変わっても借金をしているということを忘れてはいけません。
安易なキャッシングは自分の返済能力を超えてしまうようなことになりかねないことから、しっかりとキャッシングに対する注意点を把握しておく必要があります。

 

審査書類は正確に!

まずは借りる際の契約についてですが、書類への個人情報を正確に偽りなく書くことです。
ウソを書いてもばれてしまいますし、結果審査に通らなくなってしまいます。
申し込みをするだけでも信用情報に申し込み記録が残ります。

 

借入総額を把握しておく

次に他社の借り入れ金を計算することです。
これは借りることが身近になった分、借り癖が付き、大手消費者金融から借りたあと、その次は中小系へと審査の敷居が低いところへと手を進めてしまいがちです。

 

そうして自覚がないうちに多重債務となってしまい信用情報にも借り入れの記録が重なっていきます。
そうなると総量規制対象として規制対象になってしまいます。

 

また、借りる際には事前に返済計画を自分なりに立てた上でキャッシングすることをおすすめします。
返済期間が長くなるとその分、利息が重なって支払う分も増えてしまいます。
ですので可能な限り、早めに設定した計画を立てておくのが安全だと言えます。

 

最後にキャッシングをする際には返済日はしっかりと把握しておく必要があります。

 

ついうっかり振込を忘れてしまったなんてことがあった場合には返済分以外に、遅延損害金も請求されます。
また、支払いを放置してしまうと信用記録に傷も付きますのでしっかりと把握しておくことが大切です。

 

  • 気になる会社を一括検索
  • 消費者金融の他にも安心の銀行ローンも掲載
  • 事前に借りられるかがわかるから無駄な申し込みが無くなります。
  • 匿名の仮審査だから金融企業からのセールスはありません。
  • 個人情報を強固なセキュリティでしっかりガード
  • あなたにぴったりの会社が見つかったらそのまま申し込み可能
  • サービス豊富で便利なのに無料で使えます。

キャッシング,注意点,審査,申し込み,総量規制

| キャッシング注意点

最近では、いくつかの会社からすでにお金を借りている人を狙った融資保証金詐欺の被害に遭われた人が増えてきています。
お金を借りている人からすると非常に腹立たしい犯罪です。

 

融資保証金詐欺の内容は様々な事情でローンやキャッシングをしている個人や中小企業の経営者に対して、非常に低い審査基準などを売り文句に融資をダイレクトメールなどで勧誘してきます。

 

融資保証金詐欺の場合、実際は融資をする意思もなく、保証金を要求したり、様々な理由で口座にお金を振り込ませようとしてきます。

大手消費者金融の提携会社などと偽ったり、会社情報を盗用している場合もあります。

 

こうした手口は年々増加してきており、お金を借りたい人からすると助け船のようにも感じてしまい、よく調べずに飛びついてしまう人も多いです。

 

大手消費者金融も自社の名前を語る悪質業者がいることを注意喚起していますので気を付ける必要があります。

 

融資保証金詐欺は主にダイレクトメールやチラシでの勧誘がメインですが、個人情報名簿などを使って電話をしてくる場合もあります。

 

もし、お金を借りたいと考えている人はこのような手口に誘われるのではなく、数の消費者金融から借りていても融資を受けられるかを調べられるサイトがあります。

 

このようなサイトでは信頼性の高い多くの会社が提携で参加しています。
個人情報の取扱いも安心出来るので自分の条件にあった会社を検索できます。

 

こうしたサービスは結果的に自分を守ることにもなると思いますし、甘い言葉に乗せられる前に自分でしっかりと情報を得ることをおすすめします。

 

 

| キャッシング注意点

キャッシングをした人が一番気を付けなければいけないのが、返済に関することです。
自分にとって無理のない返済計画もそうですが、なにより返済の遅延を起こさないことが、何より重要だと言えますし、これさえ守っていれば最悪、借金があっても日々を過ごすことは可能です。

 

ですが、返済遅延を起こしてしまうと様々な問題が発生してしまいます。
返済遅延を起こした場合、まず、返済が遅れた際には遅延記録が信用情報に記録されます。

 

また、返済が遅れた場合には遅延損害金が発生してしまいますので、通常の返済金より多く支払わなければいけませんので負担は大きくなります。もちろん返済が遅れていますという連絡は来ます。

 

その後、書面で郵送されてくる等、順を追って連絡が入ります。
もちろんすぐこちらから連絡するなどすれば大事にはなりませんが、面倒だからと後回しにすると周りにもばれてしまいます。

 

ここまで放置してしまう人は少ないと思いますが、あらゆる事情から返済日を遅れてしまう可能性があります。

 

そんな場合にはこちらから消費者金融に連絡をすることをオススメします。
また、1日遅れたくらいでは俗にいうブラックリストには記録されません。
ですが、遅延記録には残りますので今後、他社からのキャッシングを検討している場合には、審査の際に不利になりますので、充分な注意が必要だと言えます。

 

こうした注意点を理解した上で自分の条件にあった会社を選択して収入と支払のバランスを考えたキャッシングをすることが大切です。

 

 

| キャッシング注意点

キャッシングをしている人にとっては毎月の返済日というのはとても重要な日です。
借りている間は常に返済日の事が頭にあるのではないでしょうか?
逆にうっかり返済日を忘れていた、また、返済金額が足りないことで返済が遅れてしまうこともあります。
こうした場合に発生するのが遅延損害金です。

 

遅延損害金は契約上の返済日を1日でも遅れた場合に発生する罰金です。

 

また遅延損害金は通常の利息より高く設定されていることから放置などしようものならどんどん金額は膨らんでしまいます。

 

遅延損害金は主に支払いが遅れた分に加算される方式と借入残高に対して加算される方式があります。

元本の返済分、利息分の他に加算されてしまうので負担としては大きくなってしまいます。

 

また遅延損害金の上限利率は利息制限法で20%と定められており、この上限の中で会社によって設定利率が違いますが、ほとんどの会社が上限近くに設定されていることから大手であっても返済が遅れた人への厳しい罰金を設定していることがわかります。

 

逆に金利と同じ利率に設定している会社もあります。
キャッシングをする際には通常の利率を気にすることがほとんどですが、突然の事故等で返済に問題が出てしまう事を考慮して自分は大丈夫と考えず、遅延損害金の利率も確認をしておくことが大切です。

 

こうした項目もキャッシングする際には注目して会社を選ぶことも必要だと言えますね。

 

 

| キャッシング注意点

キャッシングサービスは昔と比べてATMの普及で審査もその場で行えるなど、申し込みから審査、融資までの時間が短縮されていきていて、急な入り用の時に利用できるサービスとして便利であり、昔と比べて身近になってきています。

 

こう考えると、キャッシングは上手く付き合いながら利用することはメリットが多いサービスだと言えます。

 

キャッシングのデメリットを知りましょう。

では、逆にキャッシングのデメリットを考えてみると、メリットで上げられる身近になった分、お金を借りているという意識が薄れてしまいます。

 

ATMから必要な金額を入力することでお金が出てきますので、まるで自分のお金のように感じてしまいます。
この状況に馴れてしまうと、最初は必要な時に借りていた人でも、次第に、なんとなく遊ぶお金や買い物の時にまで利用するクセがついてしまいます。

 

そして1社の限度額に達してしまうと、次の会社に申し込みする流れへと、気付かないうちに多重債務の状況になってしまう場合もあります。

 

しっかりと返済出来ていれば問題はありませんが、病気や事故、職場状況の変化で収入が低下する等、突発的な出来事で返済が滞ってしまうなんてことも起こりえます。

 

また、返済が滞ってしまうと、生活にも多大な影響が出て来てしまいます。

 

こうしたデメリットを再確認して、キャッシングする理由が自分にとって今、必要なことかを、見つめ直すこともキャッシングと上手く付き合っていく方法だと言えます。

 

手当たり次第に会社に申し込みすることは信用情報的にも良くありませので、各社の条件等を比較して利息や返済方式を含め、会社を選ぶことも大切です。

 

 

page top