キャッシング 審査 必要書類

キャッシング審査に必要な書類は?

初めてキャッシングをする時、何を用意して申し込みをすればよいのでしょうか。
申し込みをしようと思っている時は、お金が必要な場合なのですから、必要書類などの提出忘れは避けたいところです。

 

キャッシング審査での必要書類

まず、一番大切なのは本人確認が出来る、運転免許証や健康保健証が必要です。
そして運転免許証に記載されている住所と現住所が違う場合には発行されてから6ヶ月以内の公共料金や住民票、納税証明書などの現住所の確認が出来るものが必要です。また無担保キャッシングローンは保証人や印鑑も不要なことが多いです。

 

また、消費者金融で50万円以上のキャッシングをする場合には収入が証明できる書類も必要になります。
収入証明書類には源泉徴収票や確定申告、直近2ヶ月の給与証明書などがあります。

 

基本的にはこれらが用意出来れば、審査時に不足することは無いと言えます。

 

また、会社によって提出する書類が増える場合もありますので、申し込みをする前に確認することが大切です。
ポイントとしては50万円以下のキャッシングの場合には収入証明書が不要な会社が多いです。

 

自分の収入に嘘をついて多く書くことがありますが、これはほとんどの場合、担当者に見抜かれてしまい、逆効果です。こうした小さな所で審査に落ちてしまう人もいるので注意しましょう。

 

便利なWEB申し込み対応も増えています

最近ではWEB申し込みを受け付けている会社があり、必要書類を画像にしてアップロードすることで審査することも出来るので、人に会わないで申し込みから審査、融資までを行えます。

 

忙しい人にはこうしたサービスを知っておくと時間を有効的に使えます。

 

審査期間も昔とくらべて即日審査、融資をしている会社も多いのでしっかりと必要書類を用意してしまえば審査は難しいものではないと言えますね。

 

 

page top