キャッシング 遅延

キャッシングの返済遅延をした場合

キャッシングをした人が一番気を付けなければいけないのが、返済に関することです。
自分にとって無理のない返済計画もそうですが、なにより返済の遅延を起こさないことが、何より重要だと言えますし、これさえ守っていれば最悪、借金があっても日々を過ごすことは可能です。

 

ですが、返済遅延を起こしてしまうと様々な問題が発生してしまいます。
返済遅延を起こした場合、まず、返済が遅れた際には遅延記録が信用情報に記録されます。

 

また、返済が遅れた場合には遅延損害金が発生してしまいますので、通常の返済金より多く支払わなければいけませんので負担は大きくなります。もちろん返済が遅れていますという連絡は来ます。

 

その後、書面で郵送されてくる等、順を追って連絡が入ります。
もちろんすぐこちらから連絡するなどすれば大事にはなりませんが、面倒だからと後回しにすると周りにもばれてしまいます。

 

ここまで放置してしまう人は少ないと思いますが、あらゆる事情から返済日を遅れてしまう可能性があります。

 

そんな場合にはこちらから消費者金融に連絡をすることをオススメします。
また、1日遅れたくらいでは俗にいうブラックリストには記録されません。
ですが、遅延記録には残りますので今後、他社からのキャッシングを検討している場合には、審査の際に不利になりますので、充分な注意が必要だと言えます。

 

こうした注意点を理解した上で自分の条件にあった会社を選択して収入と支払のバランスを考えたキャッシングをすることが大切です。

 

 

くらべる君

関連ページ

デメリット
キャッシングサービスのメリットとデメリットについて消費者金融の申し込みや審査の流れと現在の融資までの仕組みについて解説しています。キャッシングを利用している人が知っておくべき注意点についても解説しています。
遅延損害金
キャッシングをしている人が返済期日に遅れた場合の遅延損害金について解説しています。遅延損害金とはどのようなもので利息との違いや遅延損害金の算出方法もご紹介しています。
融資保証金詐欺について
融資保証金詐欺とはどのようなものかについて解説しています。一般的な融資保証金詐欺の手口や申し込み時の内容について具体的な例と合わせて融資保証金詐欺に合わないための知識についてもご紹介しています。