キャッシング30万

キャッシングで30万円を借りた時の利息は?

急にある程度まとまったお金が必要になった場合に実際に考えてほしいのが、自分がどの程度の返済期間を考えているかと、それによる返済額の設定と返済額に含まれる利息の金額の割合です。
金額の大小にかかわらず、返済期間が短いほど、利息は少なく済みます。

 

例えば、20万円を金利の年率17.8%で計算した場合、1ヶ月後に返済した場合には利息は2,926円で済みますが、毎月一定額で1年かけて返済した場合には利息だけで19,796円かかります。

 

利息は元金に対して算出されますので返済が進むにつれて元金と利息に充てられる割合が変わります。
借り入れ30万円の場合だと利息は一年で29,701円ほどで、借り入れ50万になると1年で49,503円ほどにもなります。
もちろん返済期間が長くなると利息も多く支払うことになります。

 

20万円を2年間で返済する場合は利息が39,159円と1年で返済した場合と比べて19,363円の差額があります。

 

もちろん実際の場合には利用状況や会社によって金額に変化はありますが、キャッシングをする場合には利息計算も入れて返済計画を立てる必要があります。

 

また、最近では慢性的にキャッシングをすることで返済が長期化する傾向があり、常に返済を続けている状態だと、利息を多く支払うことになるので、キャッシングをする際には返済計画を立てて、いつまでに返済する!と決めておくことが慢性的なキャッシング生活から抜け出せます。

 

キャッシング,30万,利息,金利,返済期間

関連ページ

実質年率
キャッシングの実質年率について融資の種類と合わせて解説しています。実質年率の算出方法と消費者金融の平均的な実質年率についてどのように金額が変わるのかをご紹介しています。